HOME 介護福祉士実務者研修
 
 

九州エリア

四国エリア

中国エリア

関西エリア

関東エリア

[福岡]博多南校[愛媛]松山校[広島]広島中校[大阪]梅田校[東京]新宿校
[長崎]長崎校[香川]高松校[広島]廿日市校[兵庫]神戸校[埼玉]さいたま校
[鹿児島]鹿児島校 [広島]西条駅前校[兵庫]加古川校[千葉]市川校
  [広島]福山校  
  [広島]江田島校  
  [広島]大竹校  
  [岡山]倉敷児島校  
 
 

 


 

 介護福祉士の資格を取得するには実務者研修の修了が必須です。

 

 

2017年の試験から『介護福祉士』の受験資格として実務者研修の修了+3年以上の実務経験が必要となりました

 

 
 
 
 
介護福祉士のメリット 


 
  •  就職が有利になりお給料upにつながる
    介護現場に欠かせないリーダー役として、資格手当が付く企業も多いです  

  • サービス提供責任者として活躍できます
    「介護福祉士」資格の取得前でも、介護福祉士実務者研修を修了すれば、サービス提供責任者として活躍できます。


  • 「痰吸引」や「経管栄養」の知識が身に付きます
    原則、医師や看護師以外には認められなかった『痰吸引』や『経管栄養』などの医療的ケアの基礎知識を学ぶことができます。
 


    無資格者と有資格者の在籍期間
 
 
無資格の方は修了まで7日間の通学(スクーリング)と自宅学習で6ヵ月間在籍期間が必要です。
※修了証書は研修期間の6ヵ月後に発行されます
 
 
 
 
 
有資格者は次の研修を修了されている方は実務者研修の期間が[6ヵ月]が1カ月以上に短縮されます。
ホームヘルパー
(1~3級)
介護職員
初任者研修
⇐ その他、左側以外の研修
認知症介護実践者研修や地域の団体等が実施
する研修など
介護職員
基礎研修
喀痰吸引等研修